に投票
日本一

2021

投票はで終わります:

参加者はいません

絶対に最も多くの票

国内で最高


アメリカ大陸
us us mx ar ca
アジア、オーストラリア、南極、アフリカ
us us ru australie mx mz af
ヨーロッパ
pl nl bg cz cz sv at ch sk sk sk af
af de fr en en en

最近のコメント

  • Nanmadol 台風14号

    666  
  • 野村悟

    ovhisaso
    Atipefoju: [censored]://slkjfdf.net/ Eqijuf vdc.ivvc.ja.votesforyou.com.piq.kd [censored]://slkjfdf.net/

    Read more...

     
  • JAPANESE high school

    acariszikekag
    Ibawumyi: [censored]://slkjfdf.net/ Yonofyen dbi.xplp.ja.votesforyou.com.edr.ia [censored]://slkjfdf.net/

    Read more...

     
  • 田中れいな

    japan1
    彼女の笑顔はとても素晴らしいです!

    Read more...

     
  • 田中れいな

    jos
    れいなと結婚したい WW

    Read more...

     
  • 田中れいな

    316
    i think reina can just be direct, and perhaps that is what is scary. Like when you have that friend who can be a good mood one day, and in a bad one the next.

    Read more...

日本国内の最優秀賞に投票する

どの国にも、最も高い山、最も深い洞窟、最も大きな川、最も大きな都市、そして最高の、最も人気のある、最も尊敬されている人々がいます。ええ、それはどの国でも同じです。そして、このウェブサイトでは、世界中の人々が投票して、この国やあの国で誰が真のベストなのかを教えてくれます。カテゴリー別:ベストシンガー、ベストアクター、ベストアクトレス、最も美しい女性、子供、男性、写真、都市、など。その結果が上の写真です。地球上の誰もが24時間に1回、誰にでも投票できる。賞品は、不正を避けるために最も高価なものではありません。最大の賞は、最高の人が最高の人であるというプレゼンテーションです。それが彼らの幸せであり、そう思って彼らに投票する人たちの幸せにもつながると確信しています。それでも、精査はしています。IPによると、管理者でも不正に目を光らせているそうです。私たちは、投票、アクセス、IPDアドレスなどをチェックし、何か問題があれば、不正行為がコンテスト全体を無効にする可能性があることを認識しています。だからこそ、私たちはコンテストの公正さに100%の情熱を持って取り組み、不正や偽造、攻撃などを防止しようとしています。結果によっては、気に入らない人もたくさんいるでしょう。また、負けることを知らない人もいて、自分の候補者が1位でないと、すぐに「詐欺だ」と叫ぶ。しかし、それは何としても避けたいことです。私たちのコンテスト全体がかかっていることを知っています。

日本という国で一番

日本は美しい国です。この国にはたくさんの個性があります。文化、政治、その他の分野でのパーソナリティ。また、この国の自然の美しさは壮大です。そして、この国の歴史はカラフルです。そして、私たちは永遠にこのような状態を続けることができる。しかし、私たちは考えていますし、自分自身でも観察していますが、自分の国を見てみると、いかに素晴らしい人々、変化をもたらした人々で溢れているかがわかります。私たち自身もこんなにたくさんあるとは思わなかったほど、美しい都市や観光地がたくさんあります。それに、田舎に住んでいる人にとっても、投票を通じて田舎の美しさを伝えることができるのが、このコンテストの醍醐味です。自分の国を見て、自分の国を誇りに思っていないかと自問してみてください。どれだけの個性と才能があるのか?彼女の血で。あなたの国の、あなたの国の血で。

日本という国のベスト-ワースト

長い長い間、私たちは、「最高、最大、最も美しい」というポジティブなカテゴリーの中に、「国内最悪」というネガティブなカテゴリーを入れるべきかどうかを考えてきました。長い間、私たちは躊躇し、決断を先延ばしにしてきました。そう、怒りや憎しみは何の解決にもならず、逆にリレーのように続いていくもので、そこにこのカテゴリーを掲載することの怖さを感じました。そして、すでに出版されているにもかかわらず、自分たちが正しいことをしたのかどうか、まだわからないのです。憎しみからここに来て、誰かを嫌いだからといって毎日マイナスの投票をするような人は絶対に嫌です。しかし一方で、ある国で害を及ぼしている人がいれば、それを指摘することで他の人の目を開かせることができるのではないでしょうか。そう、これはヤバい。そして、その票がたくさんあれば、何かが変わるかもしれない?